犬と女性

ペットの為に知っておくべき事|皮膚病になりやすい動物もいる

超小型犬だけどクールです

ウーマン

柴犬と同じ特徴を持つ

柴犬は日本固有種の猟犬であり、番犬としても有能であることが認められている犬種です。最近では海外でも人気が高いですが、柴犬と同じ特徴を持ちながら体が小さいのが豆柴という犬になります。しかし豆柴という犬種が、正式に認められているかというとそうではないのです。日本犬保存会では否定していますが、他の血統書団体では血統書を発行もしています。という次第で正式には犬種としては存在していませんが、昭和30年頃から繁殖され始めたのです。基本的には柴犬で体が小さい個体同士で、交配させることで豆柴という種を繁殖させています。したがって極稀ではありますが、親が豆柴サイズなのに子供は通常の柴犬サイズに成長してしまったというケースもあるのです。毛色は柴犬と同様に、赤・黒褐色・胡麻・黒胡麻・赤胡麻などになります。

甘やかさず躾は根気よく

姿形は柴犬と同じですが、豆柴は超小型犬に分類されます。サイズが小さいので、日本の狭小住宅や都心のマンションでも飼えるのです。しかしサイズが小さいからといって、性格は甘くはなくどちらかというとクールな面があります。独立心も旺盛で警戒心も強いので、吠えることもあるのです。その反面高い忠誠心を持っているので、きちんと躾をすれば心強い番犬となってくれます。超小型犬にしては強い身体をしていますので、散歩は一日一時間くらいがいいです。頑固なところもありますが、頭が良いので根気よく躾をすれば理解してくれます。皮膚疾患を発症するケースが多く報告されているので、身体状況をこまめに確認することです。抜け毛も多いので、週に二三回のブラッシングをしながらチェックをすることを勧めます。